■ 災害が起こる前に用意しておきたい防災グッズ
ガンダムグッズと防災グッズ「ガンダム大地に立てるか」
ガンダムグッズと防災グッズ「ガンダム大地に立てるか」 メールマガジン
ガンダムグッズ
防災グッズ

ガンダム大地に立てるか?> 防災グッズは、何がいいか

災害に強い地盤選び「ガンダム大地に立てるか」

災害が起こってからでは遅すぎる。

防災対策は早急に!


○○に入る文字を当ててください。
「 災害は、○○○○○○にやってくる 」

答えは・・・知っていますよね。
≪わすれたころ≫ です。

あなたにとって、≪わすれたころ≫とは、どれくらいの期間をさしますか
3年? 1年? まさか 半年?
ちなみに、私は5年です。

他国に比べると、日本は、災害災害の間隔が短いようです。
毎年のように、なにかしらの災害が発生していますが、日本人は、忘れるのが早い。

起こったことは仕方がない。グズグズ考えてもどうにもならないから、水に流して忘れてしまおう。 忘れるのが早いというよりも、切り替えが早い民族なのかもしれません。私見ですが。

ところが近年では、災害のサイクルが短くなってきています。
これは私見ではなく、事実です。

地震の爪あと。台風の爪あと。
国中、爪あとだらけです。
爪のあとが消えないうちから、別の災害がやってくるんですから、たまりません。
物忘れが得意な日本人も、これほど災害が頻発すれば、忘れようもない昨今です。

災害のニュースや体験は、続く災害のために役立てなければいけない。
災害体験なんぞは、経験しないほうがいいのです。先人の知恵を活用し、あなた自身は被害を最小限にしなければいけない。
つまり、防災へ活かすということです。

備えあれば憂いなし。どれほど備えても、備えすぎはない。
先人の知恵を凝縮したのが、防災グッズ

地震や津波を防ぐ手立てはありません。
確かに手立てはないけれど、せめて最低限の用意をしておきたいものです。

「悲しいけど。これ。現実なのよね。」

災害が起こる前に・・

ガンダムは創通エージェンシーの登録商標です
Copyright(C)2005 All Rights Reserved